大分県 大型ダンプの内張、パーツをブラックレザー及び黒塗装に仕上げ、コボレーンも全て黒色仕様にて施工させていただきました。 | 有限会社 後藤テント 大正七年創業 九州・大分県の老舗テント屋

施工事例

施工事例 - EXAMPLE -

大分県 大型ダンプの内張、パーツをブラックレザー及び黒塗装に仕上げ、コボレーンも全て黒色仕様にて施工させていただきました。

  • LINEで送る
最新施工事例
  • 大分県三重町にて階段の落下防止網を取付致しました。
    大分県三重町にて階段の落下防止網を取付致しました。
  • ジムニー 1980年式 幌を張替えいたしました。
    ジムニー 1980年式 幌を張替えいたしました。
  • 大分駅駅前にてエルバーネ(電動開閉式テント)を張替え及び修理をさせていただきました。
    大分駅駅前にてエルバーネ(電動開閉式テント)を張替え及び修理をさせていただきました。
  • 大分県大分市にてサンルーム用カーテンの張替えと和室のロールカーテン取付を致しました。
    大分県大分市にてサンルーム用カーテンの張替えと和室のロールカーテン取付を致しました。
  • 三菱ジープJ55 幌を張替え致しました。佐賀県M様
    三菱ジープJ55 幌を張替え致しました。佐賀県M様

創業100周年のご挨拶

おかげさまで有限会社 後藤テントは2018(平成30)年で、100周年を迎えました。

一世紀を経て弊社が歩んで参りました歴史と共に、この大きな節目を迎えることができた喜びは何事にも代えがたく感謝の念に堪えません。

これもひとえに皆さまのご支援の賜物であり深く感謝申し上げます。

創業者の後藤堅蔵は、大正七年に後藤テント商会を設立し、現在の臼杵市唐人町で雨合羽や舟の帆の縫製を始めました。

戦後の昭和二十七年に二代目の後藤繁太が跡を引継ぎ、テントを扱うようになり、昭和四十七年に有限会社後藤テントに組織変更。

平成七年に三代目の後藤憲一郎が代表取締役となり現在に至ります。

大正、昭和、平成の各時代においても激動の時代を乗り越えつつこの記念すべき年から社員一同決意も新たに次の時代へ歩みを進め広く社会に貢献する企業であり続けます。

今後とも、これまで以上に皆さま方からの温かいご支援を賜りたくお願い申し上げます。

有限会社 後藤テント
取締役社長 後藤 憲一郎

閉じる