迷彩柄・レパード柄 ターポリンのご紹介 | 有限会社 後藤テント 大正七年創業 九州・大分県の老舗テント屋

お知らせ

お知らせ - NEWS -

迷彩柄・レパード柄 ターポリンのご紹介


今回、変わった柄の生地のご案内をさせていただきます。

基本トラックのシートや店舗用のテントを制作する際は無地の生地を使う事が多いのですが、

人とは違った柄が良い!!とのお声をたまにいただきます。

そのな方にお勧めなのが、迷彩柄(グリーン・ブラック)、レパード柄(ベージュ・ブラック)です。

各種カバー、ワンポイントで柄使用等、様々の用途に使える生地です。

是非、ご検討下さい。

  • LINEで送る
最新記事
  • 雨漏り対策のご提案
    雨漏り対策のご提案
  • 年末年始休業のお知らせ
    年末年始休業のお知らせ
  • 夏季休業のご案内
    夏季休業のご案内
  • 月刊セーノ! 8月号 『大分の老舗物語』にて弊社が掲載されております。
    月刊セーノ! 8月号 『大分の老舗物語』にて弊社が掲載されております。
  • 雨漏り防止用テントのご案内。
    雨漏り防止用テントのご案内。

創業100周年のご挨拶

おかげさまで有限会社 後藤テントは2018(平成30)年で、100周年を迎えました。

一世紀を経て弊社が歩んで参りました歴史と共に、この大きな節目を迎えることができた喜びは何事にも代えがたく感謝の念に堪えません。

これもひとえに皆さまのご支援の賜物であり深く感謝申し上げます。

創業者の後藤堅蔵は、大正七年に後藤テント商会を設立し、現在の臼杵市唐人町で雨合羽や舟の帆の縫製を始めました。

戦後の昭和二十七年に二代目の後藤繁太が跡を引継ぎ、テントを扱うようになり、昭和四十七年に有限会社後藤テントに組織変更。

平成七年に三代目の後藤憲一郎が代表取締役となり現在に至ります。

大正、昭和、平成の各時代においても激動の時代を乗り越えつつこの記念すべき年から社員一同決意も新たに次の時代へ歩みを進め広く社会に貢献する企業であり続けます。

今後とも、これまで以上に皆さま方からの温かいご支援を賜りたくお願い申し上げます。

有限会社 後藤テント
取締役社長 後藤 憲一郎

閉じる